トーク力とテレフォンセックス

10月 2nd, 2014 by 永田 in テレフォンセックスをおこなう

トーク力が高い人はテレフォンセックスでも、有意義に抜く事ができるかもしれません。例えば、トークな苦手な場合、どのようにして相手を興奮させるのかで意識が向い、
楽しいセックスができない可能性もあるからです。基本的に通話でのセックスではリードする側とされる側に分かれます。例えば、「服を脱いでみて」や「僕は今君の胸を
揉んでいる」というような妄想的な表現がされたりしますが、当然それを述べるのはリードする側です。リードされる側は相手からの要望に答えて、エッチな気持ちを高め
ていくだけです。殆どが男性がリードして女性がされる側なのですが、逆が存在しても不思議ではないでしょうね。いずれにしても、トーク力が物を言うのが通話に依存する
セックスなのですから、トーク力に自信がないのであれば、普段から練習してみるのも良いでしょうね。例えば、声に出すのと心で思うでは、大分差があります。思う心の中で
は恥じらいがなくても、実際に声に出すと「うわっ」と自分の声に引いてしまう事もあるものです。けれど、それは慣れでありますので、少しずつ練習して慣れていけば宜しいかと
私は思いますよ。練習方法は誰もいないところで、セックスする女性を想像しながら、妄想で作り上げた女性に甘い言葉を述べるだけです。頑張って下さい。

Comments are closed.